いぶすきフラフェスティバル IBUSUKI HULA FESTIVAL

開催プログラム

各種競技・イベントスケジュールのご案内

【写真】フラフェスティバルグループ

Program Day2021.7.10~7.11

開催スケジュール

.

エキジビジョン

練習の成果をステージで披露していただきます。

【写真】エキジビションの様子1

【写真】エキジビションの様子2

期日

2021年7月10日(土)10:00~17:00(予定)
2021年7月11日(日)9:30~17:00(予定)

  • 1日それぞれ先着80組程度とさせていただきます。
  • 参加チーム数により時間の変更があります。

申込締切:2021年5月31日(月)当日消印有効

会場 指宿総合体育館   地図を見る
種目 ・ソロ
・グループ(2名以上)
.

イベント

街角フラ

市内の街角でフラを披露していただきます。(先着順25組)

【写真】街角フラの様子
料金 無料
期日 2021年7月10日(土)15:00~17:00予定 
(雨天中止)
会場 指宿市内
種目
  • ソロ
  • グループ(2名以上)
.

フラショースケジュール

今年はハワイからおなじみのクムフラにより、
ビデオメッセージをお届けする予定です。
詳細は追って掲載いたします。 お楽しみに。

.

ジャッジ・出演者

※今年はコンペティションは開催いたしません。前回大会の情報になります。

ジャッジ紹介

【写真】クムフラ エド・コリアー

クムフラ エド・コリアー

クム・エド・コリアーは、オアフ島カリヒにてHalau O Na Pua Kukuiを主宰。若かりし頃、厳しいクムフラ・ヘンリー・オーバーに師事し、20歳の頃からフラを継承する傍ら、自らホノルル市内(ワイキキなど)のイベントへも出演されていました。オアフの名門私立イオラニ・スクールのパフォーマンス教員を40年間勤めた実績もあります。ご存知の通りとても優しい人柄とわかりやすいワークショップには定評があります。フラ界では偉大なクムフラです!

【写真】クムフラ ポーハイ スーザ

クムフラ ポーハイ スーザ

オアフ島在住女性クムフラ。ジョージ・ホロカイとその母アリスのもと、4歳からフラを始めました。8歳で叔母であるフラマイスター、マイキ・アイウのハラウに移籍しました。文化研究に重きをおいており、ハラウからはハワイ文化学者のエイミー・スティルマンも輩出しました。「アンティ・マイキの教えを理解すれば、フラは人生そのものという意味がわかるはずです。」と語るポーハイは、セイクレット・ハート女子校の教師を勤めました。長年に渡る教師の経験から沢山の知識を惜しみなく教授して下さいます。

【写真】クムフラ メリア ローベンスタイン カーター

クムフラ メリア ローベンスタイン カーター

幼少より祖母であるマエ・ローベンスタインから指導を受けました。現在はオアフ島カイムキでKa Pa Hula O Kauanoe O Wa' ahilaの指導にあたり、メリーモナークなど多くの場で活躍しています。自身は1993年のミスアロハフラに輝き、その後もミスアロハフラを輩出しています。上品で古典的なスタイルが特徴です。

【写真】クムフラ マカ・ヘロッド

クムフラ マカ・ヘロッド

カウアイ島在住のマカ・ヘロッドは10歳の頃からフラを学び始め、プナ・カラマの下でウニキを修めました。現在マリエ財団を率いて、多方面で活躍しています。妻と3人の子供を持つ良き家庭人であり、明るくチャーミングなキャラクターで、いぶすきフラフェスティバルを盛り上げます。


  • 【写真】カメレ・コリアー

    カメレ・コリアー
    タイブレイカー

  • 【写真】西田 太郎

    西田 太郎
    タイムジャッジ

ページの先頭へ戻る